メニュー

専門医による負担の少ない胃カメラ

胃や大腸に関する病気の早期発見・治療のためにおこないます。先端にカメラのついた細く柔らかいチューブ(内視鏡)を口または鼻、肛門から挿入し、胃や腸の内部の検査をすることができます。
当院では胃カメラと大腸カメラのどちらも検査ができます。

全ての検査を消化器内視鏡専門医である院長が行っています。

内視鏡検査は「苦しい」「つらい」というイメージを少しでも払拭できるよう検査の前に十分な説明を行い、検査中もリラックスして受けて頂けるようスタッフ一同心がけております。ご希望に応じて、鎮静剤も使用致します。

経鼻上部消化管内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)について

太さが5mm程度の柔らかいスコープを用いて検査します。スコープの先端にはカメラが装着されており、食 道・胃・十二指腸の内側を直接観察し診断する検査です。ポリープや腫瘍、炎症などの異常が疑われる際には、組織を採取して精密検査を追加する場合もあります。
当院では、経口内視鏡(口からの内視鏡)と経鼻内視鏡(鼻からの内視鏡)のどちらかを選択いただけます。胃カメラで苦しい思いをされた方には、経口に比べて苦しくない・オエッとならない「経鼻内視鏡検査」をお勧めしております。

検査の流れ

検査前日

夕食は、夜9時までに、消化の良いものをとってください。

水分(お茶やお水などの透明な飲料水)は、検査当日の午前6時半まで可です。

検査当日

朝、食事はとらないでお越しください(朝の薬がある場合には指示に従ってください)。

検査中

ベッドに左向きになった状態で検査を行います。

検査時間はだいたい5-10分ぐらいです。

鼻からの内視鏡であれば会話もできます。

■このような方に胃カメラ検査をおすすめします

 ✔ ピロリ菌を調べたことがない
 ✔ ピロリ菌がいたことがある(除菌治療後検査をしていない)
 ✔ お酒を毎日飲む方、タバコを吸う方(昔、吸っていた方も)
 ✔ お酒を飲むと顔が赤くなりやすい
 ✔ 胸痛や胸やけ、慢性的な咳がある
 ✔ のどや胸がつまった感じがする
 ✔ 腹部膨満感やみぞおちの不快感・痛みがある
 ✔ 便が黒っぽい
 ✔ 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
 ✔ 40才以上でまだ一度も胃カメラや胃透視(バリウム検査)を受けたことがない
 ✔ 短期間で体重が減少した
 ✔ 血縁関係の方に消化器がん(食道、胃、大腸など)の方がいる

 

検査費用の目安

検査名 3割負担 1割負担
胃内視鏡(胃カメラ) 約 4,200円 約 1,400円
病理組織検査
(生検を施行した場合)
約 3,500~7,000円 約 1,300~2,600円
生検を施行した場合の合計 約 7,700~12,000円 約 2,700~4,000円

 *保険点数の改訂や使用薬剤により多少の増減がありますのでご了承ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME